【速報】高円寺「なんとかBAR」がついに復活!!!

昨年初頭の新型コロナ日本上陸以来、長らく休業していた、高円寺「なんとかBAR」。史上最低の店主たちによって日替わりで回している、前代未聞の最低のBARだ。一時的に再開した時はあったけど、結局延べ日数にすると約1年半に及ぶ休業。誰もがすでに潰れてしまったんだろうと思っていた、その時!!! …そう、まだ死んでいなかった!
ついに「なんとかBAR」が再開してしまう!!!

そして、長い休業を経ての再開なので完全リニューアルしてグレードアップするかと思いきや、そんなことはない! ほったらかした状態だったので何も変わってないどころか、よりヒドくなっての堂々オープン!
これは駆けつけるしかない!!!!!!!!!!!

さあ、キミも2019年にタイムスリップだ!

そして、再開のスケジュールは下記の通り!

■10月24日(日)
夜24:00(25日0:00)開店!
リバウンドなんとか期間が終わった瞬間、つまり深夜0時にシャッターが開く予定!!
この日は営業というより乾杯がメイン。
夜11時半ぐらいからみんなでなんとかBAR前に行列して、12時を迎えるとともに店内で乾杯。行列がメインなので、皆さん11時半にはぜひ〜
もはや祭りなので、酒は全て無料で振る舞います。財布を持たずにどうぞ〜
もちろんスタッフや常連さんだけじゃなく、初めての人も大歓迎。みんなで乾杯しましょう〜

※この日は1時間だけ開けるので、1時には閉店します

■10月25日(月)
「なんとかBAR復活記念! 廃墟BAR」
最後の臨時営業から一年近くが経ついま、中は惨憺たる状態! そのまま決行するので覚悟してご来店を。
復活記念の祝賀BAR!!! これはめでたい!
時間未定だけど、夜8時か9時ごろからは空いてる予定〜

■10月26日(火)
大掃除
夕方6時ごろからぼちぼち始めます。
この日は営業はしません。掃除を手伝ってくれる人がいたらぜひ〜
「普通は大掃除してから復活BARじゃないの!?」と思うかもしれないけど、そううまくことが運ばないのがなんとかBAR。勘弁してください。


さあ、地獄への扉が再び開かれた!
24日深夜〜26日は、なんとかBARへ!!!!

以降のスケジュールはまだほぼ未定だけど、こちらでチェック!

なんとかBARスケジュール

今夜からのSTUDIO DOMイベントがやばい!

今夜から明日にかけて、高円寺STUDIO DOMにて、完全に気が狂ったイベントが開催される!

ご存知の通り、STUDIO DOMは高円寺のとんでもない連中や面白いやつら、狂乱のバンドから謎のDJ、大バカな酔っ払いまで、多くの重要人物が立ち寄るところ。数ある高円寺の重要スポットののうち、ここもまた欠かせない場所だ。

ただ、今回のコロナでは、実は音楽スタジオというのはかなり打撃をくらっているとのこと。飲食店は補償金をもらえるし、ライブハウスもほとんどのところは飲食店なので、補償金の対象(規模によっては全然足りないところも多いけど、あるだけまだマシ)。ところが、音楽スタジオというのは、飲食店じゃないので補償金はゼロ。

そしていま、ライブや音楽イベントがかなり制限されているので、練習で使うスタジオ利用者も激減。ということで、いよいよ存亡の危機だという。

これは大変だ〜〜〜

ということで、この度、ついにSTUDIO DOMからSOSの狼煙が上がった。うわ〜、こうなったら今夜からの24時間、みんなで遊びに行って無意味にお金を落としまくるしかない!!

イベントページ↓
https://fb.me/e/3QPUU2z3b

ラジオ新番組「素人の乱残党ラジオ!」FM88.0MHz

2005年に始まった「インターネットラジオ素人の乱」(厳密には2004年)。

2012年から始まった「アナログFMラジオ素人の乱」。

そして2021年、原発とコロナですでに滅亡したはずの素人の乱の残党が、奇跡の第三期目とも言える新番組、素人の乱残党ラジオをついにスタート!!! これは必聴! おハガキもお待ちしておりまーす!

毎月第2第4水曜日、夜9時から!

ダイヤルは毎度お馴染み88.0MHz

※ネットで同時中継するか、後日アーカイブを載せるかは検討中

パーソナリティ:松本哉、松本るきつら、池田佳穂

技術:浪江航一

【オープニングトーク】

最近の素人の乱周辺や店など、高円寺界隈はどうなってるのか!? 世間を騒がすあのニュースの話題や、あまりにも小さいローカルニュース、新たな大バカな作戦などなど、ホットな新情報満載!

【おハガキ募集コーナー】

現在募集中のおハガキコーナーはこちら!

・池田佳穂の恋愛相談コーナー

あなたの恋の悩みを池田がお答えします! 恋愛のことなら池田にまかせろ!

・次の陰謀論はこれだ! 世間を揺るがす新たな陰謀論募集!

次から次に登場する謎の陰謀論。ぬるいぬるい! 世間をアッと言わせる最強の陰謀論をみんなで考えよう!

・藪そば新メニューはこれだ!

齢88歳、高円寺北中通り商店街の最長老、やぶじいの店「藪そば」の新メニューを勝手に大募集!

・ノーベル賞争奪! コロナ必勝法を探せ

2020年から世を席巻して、悪虐の限りを尽くしているコロナ! ここでコロナ退治の秘策を考え出せばノーベル賞は必至。ワクチンでも薬でもない、新たな奇策を大募集!

・マヌケ宿泊所の次の展開はこれだ!

2020年1月、惜しまれながら廃業し、今や虫の息の高円寺「マヌケ宿泊所」! 転んでもタダでは起きないマヌケが最後に繰り出す作戦を大募集! 果たして生き残る道はあるのか!?

・あなたの街にトランプがやってくる。次の暴徒出撃はここだ!

ワシントンを撤退し、フロリダの別荘に逃げ込んだトランプ将軍。手勢の暴徒軍団を引き連れ、虎視眈々と起死回生の次の手をもくろむが…。そして、次の標的はここだ!

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-9-11 素人の乱5号店内 素人の乱残党ラジオ係 宛

必ずコーナー名を書いてください

【アジア独立音楽紹介コーナー】

これまでのアジア圏の地下文化交流で知り合ってきたミュージシャンやバンドを紹介!

【各地の謎のスペース紹介コーナー】

日本国内から海外まで、いろんなところに謎のアンダーグラウンドスペースがあるが、みんなこのコロナ禍の中どうしてるのか!? 電話などで直撃インタビュー!!!

乞うご期待!!

第二回! 高円寺なんとか文化会館企画「コロナ vs 芸術」

大好評の第一回に引き続き、第二回も開催決定〜!今回のテーマは「社会と芸術」!! もはや収入が途絶えて1ヶ月以上が経ち、全財産なくなって、家賃も払えず、あと何日生き延びられるかわからない日々! いや〜、自営業者はスリリングすぎる!!
と、いうことで、とりあえず考えてもしょうがないので遊ぶしかない!

今回は社会の混乱期になると隙を窺ってうろちょろし始めて暗躍しがちな「芸術」に焦点を! これはヤバいもくろみになること必至!

ちなみに、今回の入場料は500円なんだけど、チケットが買えるのは素人の乱5号店のネットショップにて!
この文化会館企画、結構いろんな機材が必要だったりして、機材費が少しかかるのと、可能ならゲストにも謝礼を渡したりしていきたいので、協力してもらえたら嬉しいです〜
それに、いかに現実のイベントスペースに近づけるかも重要なところなので、入場チケット制に! とりあえず、こちらを見てみるしかない!
↓ ↓ ↓
素人の乱5号店ネットショップにて
https://shiroran5.base.shop/items/28715706

せっかくなので、出演者の一部を紹介!

毛利嘉孝(東京芸術大学大学院教授)
芸術と社会について鋭く研究しつつ、不穏なカウンターカルチャーにもやたら詳しい、頼もしい謎の教授!!!
イルコモンズ(文化人類学・アクティビスト)
「こいつが悪巧みし始めたら始末に悪い!」と各界から恐れられる人物。研究者の面も持ちつつ、すぐに訳のわからないことをやり始める謎の奇才!
池田佳穂(キュレーター)
キュレーターとして活躍するかたわら、幅広い独自の活動も。全て思いつきで行動しているため、国内外を問わず各界を渡り歩き、独自の謎の人脈を持つ、日本芸術界の伏兵。
江上賢一郎(趣味は写真)
福岡にくすぶるインディーズ系研究者。テーマは社会と芸術。特に用もないのにむやみに海外をウロウロして、とんでもないスペースや人物を見つけること多数。
厉槟源(厲檳源/リー・ビンユエン)
中国の芸術家。日本ではありえないようなぶっ飛んだ作品を連発。今回は少しだけ、作品を紹介しつつ、話も聞いてみよう〜
Lim Keh Soon(マレーシア/今は東京)
不気味な絵を書かせたら彼の右に出るものはいない、マレーシアの絵描き。クアラルンプール時代は、アーティストグループFINDARSのメンバーで、現在もその残党たちがこれまた意味不明のスペースを運営している。

他にも特別ゲストあり! 

以下、告知文〜〜〜

—————————————————-

東日本大震災やリーマンショックに続き、全世界で猛威をふるう新型コロナウイルス。
社会が大変動するとき、どのような芸術が生まれ、発展していくのか?そしてコロナ禍は芸術にどのような影響を与えるのか!?今までの歴史も踏まえて、考えを深めていきます。
さらに、社会変革と現代美術の関係性にふれつつ、大混乱のコロナ時代において、芸術がどのような社会の隙を見つけて、マヌケで面白いことを企めるか?国内外からゲストをお招きして、今後の可能性を探ります。いざ、作戦会議!!!!!

アートの底力で生き延びちゃうよ〜、今回のイベントも見逃せない!

出演:毛利嘉孝(東京藝術大学大学院教授)、イルコモンズ(文化人類学者・アクティビスト)、松本哉(素人の乱)、池田佳穂(司会)
ゲスト出演:Lim keh soon(アーティスト)、江上賢一郎(リサーチャー)、厉槟源(アーティスト)、田中義樹(アーティスト)、ほか
会場:高円寺なんとか文化会館(オンライン)
住所:追ってURLお伝えします〜
日時:5月3日(日) 21:00から
入場料:500円 
※恐れ入りますが、今回から500円入場料をいただきます!(まずは機材費などに充てさせてください〜)お支払い方法はこちらのページで随時お伝えします!

第一部 社会大パニックと芸術
社会が激変するとき、どんな芸術が発生してきたのか? 社会と芸術についての歴史と概要を紹介。コロナ禍のいまって、芸術にとってどんな瞬間なのか?毛利教授にまるっと聞いてみよう。

第二部 世界のマヌケ芸術が集結!
東・東南アジア中心に、芸術を用いて社会にインパクトを与えている作家たちがゲスト出演。
社会と文化の狭間を突きまくる、アートの醍醐味を一挙紹介します!こんなとんでもないマヌケな奴らがいたとは〜!最近注目の若手日本人作家も登場します。

第三部 混乱期の芸術の底力
コロナ時代の芸術について作戦を練る!まさに新たな混乱期が訪れている現在、どんなところに面白い社会や芸術の隙があるのか?
さらに今まで切り離されがちな日本のアートとアクティビズムだが、今後どんな展開を遂げるのか?
第一部のこれまでの概要、第二部の海外の炸裂っぷりを受けて、今後の新展開についての議論を深めます。

Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/160424758723553/

緊急作戦会議開催!! コロナ時代来たる! マヌケ地下文化の乱

コロナ時代がついに到来!!!
誰もが思いもよらなかった前代未聞の謎の疫病が世界を席巻! 本当の大パニックがついに登場! そして、この新型コロナとの攻防戦の中で、世界中の人々の生活や価値観なども完全に一変!
例えば! いきなり裏切られたかのように「働く=悪」みたいに言われたり、一日中家でゴロゴロするよう国から指示されたり、確定申告しなくても怒られなかったり、大家さんの方から家賃まけてくれたりするし、仕事のやり方やヒマ人たちの遊び方までいろんなことが激変! なんだかすごいことが始まっている!! これはコロナ対策のせいでもあるけど、収束後もいろんなものがひっくり返っていく予感!!!!!

と、いうことで! 緊急トークイベントの作戦会議を決行~~!


【緊急会議】コロナ時代来たる! マヌケ地下文化の乱

出演:二木信(音楽ライター)、松本哉(素人の乱5号店)、山下陽光(途中でやめる)、池田佳穂(司会)
ゲスト出演:久美さん&アンディ(SUB STORE)、松本るきつら、ほか
会場:高円寺なんとか文化会館(オンライン)
住所:https://youtu.be/7xcRbctaZMk
日時:4月19日(日) 21:00から
入場料:入場無料

第一部 マヌケ文化 vs 新型コロナ
これまで、高円寺を中心にマヌケ文化圏を増殖しまくり、近年は日本のみならずアジア圏のとんでもなく面白い大バカたちとの交流にまで発展! 果たして、この交流圏や地下文化作戦はコロナによって鎮圧されるのか!? 大バカたちはどこまで生き延びられるのか!?

第二部 地下文化の延命
個人店舗や自営業者、ミュージシャンやアーティストなどなど、いろんな面白いことをやってきた人たちが今回はモロに打撃をくらう感じに! 冗談じゃねー、いろんな手を使って生き延びちゃうよ~、っていう作戦を紹介しつつ最前線の現場に迫る!

第三部 奇策! ふざけたやつらの乱!
後半で、福岡の奇人=山下陽光氏に登場してもらい、じゃあ、どんなイカサマな手とか訳のわからない作戦で、今後の新時代をうまいことやっていくのか? そんなふざけた謀議を練りまくる! 世が混乱すると隙が生まれる。そこの活路を見出すかどうかは我々の悪だくみ次第!

※ちなみに会場は、高円寺でオンライン上に新たにできたイベントスペース「高円寺なんとか文化会館」。このオープニングイベントも兼ねて開催! 今後はこの文化会館でさらにイベントが開催される可能性大! みなさん、お楽しみに~

※当日、出演者への質問などはこちらまで〜
manuke.live@gmail.com

【緊急作戦】武漢を救え! 東京−武漢交流イベント!

いま、武漢発祥の謎の新型肺炎が猛威を奮っている。ニュースなどでご存知の通り、武漢市はすでに中国政府によって完全封鎖され、空港から駅、地下鉄、バスまで全て止まり、人が集まる劇場などの施設も軒並み閉鎖。自家用車も勝手に動かしてはならず、武漢市内の全てのタクシーは急遽中国政府の管理下に置かれ、市民の物資調達などのための輸送手段として全て無料運行されるという。さらには中国国内ではすでに旅行も禁じられ、許可なく武漢市からも出られないとのこと。まさに完全封鎖で、戦時下のような状態で、家にいるしかない状態。

写真左で不敵な笑みを浮かべるイガグリ頭は子傑氏で、武漢伝説のDIYスペース「我們家wo men jia」の残党。現在も武漢でスペースを仲間と運営して様々な活動を営む。今回の中継交流会企画も彼が武漢サイドの案内役だ。

ニュースで見ていると戒厳令下の深刻すぎる状態で、みんな戦々恐々と潜んでいるような勝手なイメージが膨らむが、人間はたくましい。どんな状況下に置かれてもケロッとしてなんとかしちゃうのがすごい。それに、ニュース上では遠くの出来事だが、実は高円寺と武漢の繋がりはとても深く、友達や知り合いの店やスペースもたくさんある。

と、言うことで早速現地のいろんな人たちに連絡を取り、どんな状態かを聞いてみると、みんな「ヤベーことになってるよ〜!! 駅もバスもみんな止まった! 閉じ込められた〜」とか言ってるものの、「いや、でもみんなうまいことやって、なんとかなってるよ」と、みんなケロっとした明るさを持っている。さらには「日本のニュースで武漢市内のスーパーから食料が売り切れてるみたいなニュース見たけど、あれウソだよ。その辺のスーパーにも物は豊富だよ」とか、実情も教えてくれた。みんな封鎖されて不安な上に毎日超ヒマなもんだから、いろんな情報をチェックしまくっている。「なにか必要なものあったら送ってあげようか?」と聞くも「大丈夫大丈夫、いまのところ物資は豊富にある」とのこと。スーパーなんかは営業はしてるけどお客さんはまばらで、薬局も多くは営業してるとのこと。一部の上流階級だけじゃなく、我々と同じような末端の貧乏人階級にまで物資は届いてるようで、とりあえずはひと安心。ニュースだけだとわからないからね〜、この辺。

うーん、何かしてあげたいけど、当面は個人レベルでは大丈夫のようだ。ただ、やたらヒマそうなのが大変そうだ。「どこにも行けねえし、何もやってね〜〜」とのこと。

よし、そうなったらせっかくの武漢と東京のパイプを生かすのは、とりあえず適当に飲みつつ交流会を開催するしかない〜!! 戒厳令下にある武漢とネットで繋ぎ、現地の様子とか武漢人たちの心境などを聞いてみよう。おそらく新聞では出てないことがたくさんあるはず! それに、いろいろバカな話をするうちに、日本でできることを思いつくかもしれない。なにより、完全封鎖下の人たちはとにかく心細いと思う。ヘタしたらこのまま見殺しにされたらどうしようなどと不安に思ってるに違いない。ということで、海外と繋ぎ、日本からも連帯のメッセージを送ることは絶対安心するに違いない!!!

やろうやろう! これ逆だったら超不安なはずで、仮に東京が戒厳令下に置かれて不安な時に海外の奴らに励ましてもらったら嬉しいに違いない!! そうだ、不安な時は助け合いが大事だ!

ということで、緊急企画!!

1月27日(月)22:00~ マヌケゲストハウスにて。武漢と繋ぐ特設画面を用意するので、当日は武漢人たちと乾杯!!!

ちなみに、夜10時(中国時間9時)スタートというのは向こうでは普通。仕事が終わってちゃんと晩ご飯を食べてから準備万端で夜のイベントを全開で遊ぶのが中国では常識なので、武漢サイドの要望によりその時間設定になりました。

以下、ちょっと武漢のごく一部を紹介。いいところだよ〜。一刻も早く武漢が平常に戻って欲しい!

武漢でグラインドコアバンドをやるオジーさん。おじいさんじゃなくてOZZY。大丈夫だよ〜、なんとかなってるよと武漢情報を教えてくれた。

武漢のDIYライブハウス武漢PRISONの大ボスの咚咚(dong dong)。「ヤベー、武漢全体が本当の武漢PRISONになった!」だって

ちなみにその武漢PRISON。昨年(2019年)10月にはパンクロッカー労働組合のツアーでも訪れた

武漢でタトゥーショップを開いたLiu。大バカさ全開のwechatのQRコードの刺青を入れてくれたのもこのLiuさん

この店もいい場所。感官唱片というレコード屋。武漢を中心に中国のインディーズ音楽のレコードやCDがたくさんあり、いろいろ教えてくれる。こういう店が一つあると現地の音楽情報に強くなるのでよそ者にとっても重要スポット。コーヒーやお酒が飲めるのも最高

同じく感官唱片。いま売れ筋はカセットかレコード。CDはあまり売れないとのこと。

ハ・ホンジンBANDがやって来る!!

奴がまたやって来る!

9月に来日した韓国ソウルのブルースギタリストのハ・ホンジン。前回のソロライブでは、高円寺の日本武道館こと喜楽Music Warehouseにて超満員の聴衆をギター1本で笑いと感動の渦にたたき込み、高円寺をブルース一色に染めた! その感動の冷めやらぬうちに、今度は強力なバンドを引き連れブルースロックスタイルで再度高円寺に襲来! これは見逃せない!

それを迎え撃つ日本勢は、高円寺ロックシーンには欠かせない“ねたのよい”、近年アジア圏に進出中の“パンクロッカー労働組合”、ハ・ホンジンとも繋がりの深いブルースの“Mr. MOMIJI BAND”、そして、ロックンロールの権化“へよか”! これは盛り上がらないわけがない!!!!

新高円寺 LOFT X(旧CLUB LINER)

19:00open / 19:30start

1500yen + 1drink

Facebookページはこちら

https://facebook.com/events/1424594127698028/?ti=icl

(ご注意)

トップはパンクロッカー労働組合で、いきなりブルースの出鼻を挫く大混乱になる可能性大なのでこれは必見! 遅刻はご法度!

へよか

Mr. Momiji Band

ねたのよい

パンクロッカー労働組合

ハ・ホンジンBAND / 하헌진밴드

9/17~20 謎の韓国WEEK開催! 一杯のルルララ × ハ・ホンジン

ソウルにある、韓国サブカルチャーや地下文化圏にとっての最重要スポットの「一杯のルルララ(한잔의룰루랄라)」という名店中の名店が高円寺にやって来る!!

現在は残念なことに再開発によって休店中なのをいいことに、店長が各地で「一日ルルララ」をやりまくっている。そこで、ついに高円寺にも遊びに来て三日間、高円寺なんとかBARにてルルララをOPEN!!! 韓国に行った時にルルララに遊びに行った人も多いと思うので、この超レアな機会をお見逃しなく!!

そして! 一杯のルルララでのライブイベントなどにもよく出演していたりと、馴染みの深い韓国のブルースギタリストの하헌진(河憲珍/ハ・ホンジン)も来日! 3日間の一杯のルルララ高円寺店が終わった翌日9/20に、高円寺の喜楽Music Warehouseにてライブを行うので、こちらも是非!!!! そして、ブルースといえばロックンロール、高円寺のロックンロール全開なバンド、へよかも出演するので、盛り上がること必至! お楽しみに〜〜〜

韓国ソウルにあった「一杯のルルララ」の看板

早い時間はカフェ営業、夜はバーやイベントスペースと化す。ソウルに行った時、とりあえず困ったらここに行けばなんとかなるという最高の店だった

ハ・ホンジン。ライブ中はカッコつけてるけど、会うと普通のマヌケな人

へよか! ロックンロールとブルースは相性がいい!

高円寺再開発に関する重要イベント開催!

高円寺の北口の一番メインの商店街を潰して、そのど真ん中に巨大な幹線道路を通すという、高円寺再開発問題(←詳細はリンク参照)。この問題、だいぶ前から何度も計画実行が画策され、その度に住民の大反対によって頓挫してきた歴史がある。

ただ、この計画は中止になったのではなく、すでに東京都の都市計画として決定されており、計画実行の機を狙っている状態。表立ってこの計画は動いていないように見えるが、その裏で根回しは着々と進んでいる。

街の再開発というのは、全国全世界で行われていることだが、本当にいい再開発っていうのはごく一握りで、ほとんどの再開発は、金や利権のために街の文化をなくしていくようなものばかりで、再開発後の街に行くと「昔の方が良かった」という話しか聞かない。

そして、再開発計画というのは計画の実行が発表・開始されてから反対運動が起こることが多いが、こうなると中止になる確率は一挙に減ってしまう。ということで、計画実行を前に根回ししている時点が、「そんなものいらねーよ」という最重要の時期だ。とてもじゃないけど計画実行が踏み切れないような空気感を作り、計画の中止の決断を迫るのが一番よさそう。ちなみに、この北口都市計画道路の延長線にある中野区大和町側ではすでに計画実行が開始されており、大通りの土地買収がついに高円寺との境界の早稲田通りまで到達しようとしている。やばいやばい!

と、そんなタイミングの9月4日(水)に高円寺のライブハウスShow Boatにて再開発に異議を唱えるライブ+トークイベントが開催されることになった! しかも現在、杉並区の全議員+区長に対して、再開発賛成か反対かを問うアンケートも行なっており、その注目の結果発表もある予定! うーん、これは気になる! ひとまず駆けつけるしかない!!

Facebookのイベントページはこちら https://www.facebook.com/events/1430108560461299/?ti=icl

9月4日(水)

高円寺再開発ちょっと待った! SAVE THE KOENJI トーク&ライブイベント

LIVE

ねたのよい

パンクロッカー労働組合 ほか

TALK 1

高円寺再開発とは何か!?

TALK 2

高円寺の商店主トーク

TALK 3

全杉並区議会議員&杉並区長に聞いた! 高円寺再開発賛成or反対 緊急アンケート結果発表!

TALK 4

高円寺以外にも再開発計画ってあるの? 他の地域に学ぶ再開発対策

Andhika Faisal(SUBSTORE TOKYO)

小倉ハルタ(DJ/ノイズミュージシャン)

小泉兵義(なんとかBAR「コ」)

斎藤正明(高円寺北中通り商店街役員)

佐藤洋平(稲生座/ニャンダラーズ)

白石義清(Studio DOM/World End’s Garden)

てらだはるか(保育士)

原田あきら(東京都議)

樋脇岳(杉並区議)

松本哉(素人の乱5号店/マヌケ宿泊所)

松本るきつら(非行少年)

三浦ゆうや(弁護士/つながる会杉並)

村上豪(野方・リサイクルショップPUNK)

山崎尚哉(阿佐ヶ谷LOFT A)

開場 18:30 開演 19:00

1000円(1ドリンク付)

ShowBoat

高円寺北3-17-2 オークヒル高円寺B1

京大吉田寮にて香港支援イベント!!!

京都大学の吉田寮にて、雨傘運動の時のドキュメンタリー映画の上映会と、今回の逃亡犯条例についてのイベントをやるとのことで、いままた京都に! 雨傘運動を振り返りつつ、相違点や進化したところなども話し合おうってことで、なかなか有意義な企画。

そもそも、この京大吉田寮自体がいま自治の危機にも直面していることもあり、ここでやる香港イベントは重要。方や国家や社会の自治や独立に関することで、方や大学内の学生寮の自治と独立。一見別問題のような気がするけど、実は根底では同様の問題。

今日(7/14)も第二日目があるので、ヒマがある人は是非〜

立て看板による宣伝はいいね〜

100年不変の安定感!

今回は連休で交通費がべらぼうに高かったので、車で京都に。ボロすぎる素人の乱号(ドラえもんカラー)も吉田寮に来たら新車に見える!

京大にも香港連帯の立て看板

イベント後は近くの村屋へ。ここは以前から京都飲んだくれ界にその名を轟かせてる名店だが、2ヶ月前に現在地に引っ越し。引っ越しても同じだった!