【北中通り商店街】やぶじい、ついにLEDを知る

参議院議員選挙が行われて新たに政治地図が塗り替えられ、香港ではついにヤクザがデモ隊を襲撃するという事件が発生し、歴史的な1日となった7月21日。高円寺北中通り商店街でも、大きな波乱が巻き起こった。

以前、商店街の街灯がLED化され、LEDがなんのことかさっぱりわからない商店街の長老たちが、右往左往しつつも、よくわからないけどめでてえものらしいって事になり、餅をついて祝うという出来事があった(詳細はこちら)。たぶん、新しい神様の御利益でもあったって感じだったんだろう。

ところが!! 、これまではLEDが電気代が安くなるおまじないだと思っていた商店街の最長老の藪蕎麦のオヤジこと“やぶじい”が、つい最近、LEDが最新型近未来省エネ電球だということに気づいてしまったらしい!!!!

生まれて初めてLED電球を手にしてご機嫌なやぶじい「てめえら、まとめてLEDだ!」

先日の7月21日に行われた恒例の商店街イベント北中夜市の時、やぶじい、どこで仕入れてきたのか100個ぐらいのLED電球を段ボールに山ほど積み上げてやってきた。こっちはこれから始まる北中夜市の準備で大忙しだっていうのに、やぶじいそんなものはお構いなしで「おうっ! てめえら、今からLEDだ!!!」と、わけのわからないことを叫びながら商店街を歩き回る。毎度のことだが、やぶじいこうなったらもう止まらない。たまたま目が合った若手たち(ここでは60歳代以下を指す)をかき集め、「お前ら聞け。今日から全部LEDにする!」と宣言。これは雲行きがあやしい。口を開けば二言目にはLEDだ。なんだなんだ。誰から聞いたんだ?

そう、商店街で夜間に常時つけている電球を変えようって話だ。しぶしぶ集められた町人たちを前に「ハシゴ持ってこーい。おまえら、全部交換だ!」との号令で脚立に登ってLED球に変えていく。当然のように自分も駆り出されたので、電球が切れているところだけ交換していると、やぶじい不満らしく「バカヤロー!! 古い型の電球は全部交換だよ!」と、まだ光ってるやつも交換しろという。「いやいや、やぶさん、まだついてるのはもったいないですよ。消えたら順にLEDに交換したらいいじゃないですか…」と言うと、「このやろう、こんなショボくれたみすぼらしい電球なんか捨てちまえ。ゴミだゴミ!」と、まだ光ってる電球をむしり取って、親の仇のようにゴミ箱にぶん投げはじめる。挙げ句の果てには「こんなもの、こうしてくれる!」と、まだ箱に入ってる新品の白熱球の山を怪力で持ち上げてザラザラーっとゴミ箱に入れて捨てようとするので、「やぶさん、やめて! もったいないよ!」と、みんなで必死に止める。こらー、誰だやぶじいにLEDのこと吹き込んだのは〜!!

脚立に登り「もうこの辺にしときましょうよ〜」と泣き言を言うたこ焼き屋と、「つべこべ言わねえでLEDだ!」と叫ぶやぶじい

そこへ「やぶちゃん、なにやってんの?」と、商店街の電気屋さん、斉藤さんが登場。

で、煌々と光るLEDを見て「こんなの明るすぎるよ!」とやぶじいに注文するが「おうっ? なんか文句あんの? 商店街が明るくて何が悪りぃんだい」と、完全に引き下がらないモード。おまけに「薄暗ぇしみったれた商店街なんて、やってらんねぇってんだ」と、いよいよ頑なに。こりゃ大変だ。確かに従来の白熱球より4倍近く明るい球に変えてるから、商店街がものすごく明るくなってくる。いや、明るすぎる。よく見たらやぶじい、よほどお気に入りらしく、自分の店の周辺は全部LED球に変えてしまっており、店の前は夜なのに撮影スタジオぐらいの明るさになってる。店内よりはるかに明るい。

ちなみに商店街の人たちはみんな自分の店の2階に住んでるので、以前からいろいろややこしい。商店街の照明が暗すぎると「こんな暗くてドロボーでも入ったらどうするんだい」と、文句を言われ、明るくしすぎると「眩しくて寝れねえじゃねえか! さっさと消せ〜ぃ!」と、怒られる。この明るさは後者の方だ。これはまずい。

この時脚立に登って手伝ってたたこ焼き屋の順さんも、「いやー、明るすぎるから2個に1個は外したほうがいいんじゃないっすかね〜」と、電球の量を減らそうとするも、「バカヤロー、だからLEDだっつってんのがわかんねえのか!」と、微妙に言葉の用法がおかしいやぶじい。ここからはまたいつもの通り。商店街のいろんな人が集まって入り乱れてきて、早く換えろ、いや戻せ、つけろ、消せと電球の取り合いで大騒ぎに。…で、延々と外したりつけたりを繰り返してるもんだから、最後には電球の根元が折れて変な事に。「ほらみろ、だから言わんこっちゃねえ!」と電気屋。「さっさとLEDにしねえからこうなるんじゃねえか」と、やぶじい。結局大騒動の大パニックになり、「やってらんねえ、やめだやめだ」と、解散。

というわけで、今の北中通り、半分明るくて半分暗いという、なんとも中途半端な状態に。次回の北中夜市までに、このLED騒動は決着しているのか!? 乞うご期待!!!!!

北中通り商店街に激震! 斉藤会長、ついに引退!

高円寺北中通り商店街の長老の一人、斉藤会長(さいとう電気サービス)が10年間勤めた会長を引退!! 近いところでは、蕎麦屋→米屋→豆腐屋→電気屋ときて、後任は床屋さんの竹中会長〜

総会での正式引退後、ご機嫌に酒を振る舞う斉藤元会長

15年ほど前、完全にシャッター商店街と化していた高円寺北中通り商店街。当時は、戦後に店を始めた人たちが高齢で引退したり病で倒れたりするタイミングで、後継者がいない店の閉店が続いていた。当時は商店会の解散や、隣接商店街に吸収合併してもらうなどの案も出るほどの状態。借り手がいなくて廃屋化した旧店舗を廃墟マニアが写真に来るありさま! 失礼な! 北中通りはまだゴーストタウンじゃない〜!!

そこへ当時の副会長の斉藤さんや元会長の金沢元吉氏(藪蕎麦)らが、これはヤバイと若手をけしかけ始める。当時、若手の店舗は古着屋のモンさん、串焼きDizzさん、ショットバーのバーボンハウスさんの3店舗のみで、彼らがシャッター商店街起死回生の年2回開催のフリーマーケット企画を提案(これが後に北中夜市に形を変える)。残存する店舗の大半が高齢者の店となっていたのだが、突如イベントの日に若者たちを目の当たりにした長老たちがテンション上がりまくり、「よし! じゃあ若い奴らに安くで店を貸して活気付けよう!」ということになり、当時の会長のお米屋さんも完全に江戸っ子気質を全開に出して異常な太っ腹とやせ我慢で、「いくらでも構わねェ、俺は儲けなんざ要らねぇよ!」と、自分の持つ空き店舗を激安で放出(すごい!!)。 そこで古着屋モンさんの活躍でヒカルくんこと山下陽光に話が行き、その勢いでヒカルくんと共に素人の乱1号店として北中通りに出店。この辺りで斉藤さんの活躍も大変なことになっていて、いろんな商店主を説得してくれたり、店の面倒を見てくれたりとだいぶ世話になった。うちら以外にも後に見ず知らずの若い人が店を開きたいと相談に来るたびに藪&斉藤コンビで相談に乗ってあげたりと半端ない尽力。もう自分のことのように他人に頭下げてくれたりして店舗を仲介してくれ、若手の出店が相次いだ。う〜ん、ここまでする人なかなかいないね〜。しかも、ほかの商店主たちもみんなで寄ってたかって若手の店に行って「経営大丈夫か!?」とか、「お客さん紹介してやる」とか手伝ってあげてたりしてた。いや〜、北中通りスゲー!

そして、若手の店舗が増えてくると、若手にどんどん企画案を出させたり、多少無茶な企画でもどんどん若い奴らに任せたりしていた。組織なんかでよくありがちなのは、自分の権力をなかなか手放さずに、若手や新人には好き勝手やらせないとばかりに幅を利かせるジジイなんかだが、そういうのが中枢にいるとコミュニティは成長しない。しかし斉藤さんはじめ当時の商店会の中心の人たちの多くはまさにその真逆。しかも、すぐに酒持って若手の店に押しかけて「最近どうだ!」とか話をしに行ったし、何かイベントごとがあるとすぐに打ち上げと称して酒宴が開かれ、貧乏な若者たちがタダ酒やタダ飯目当てに群がるという光景が度々繰り広げられた。もちろん、団塊世代特有の勢いで若者たちに無理難題をふっかけたり、異常な女好きの藪さんが年甲斐もなく女の子に言い寄ったりしてみんなが逃げ散ったり、面倒なことも多々あるが、それを差し引いたとしてもやはり彼らの功績は大きい。ほかの商店街では、若手は会合などにはあまり参加せず、長老たちの寄り合いになっているような組織が多いが、北中通り商店街は総会などでは参加者の半数以上は若手の店という場合が多く、これが斉藤会長時代の功績のひとつだ。若手の店も斉藤さんに昔世話になって感謝してる人はかなり多い。

そういえば、随分前、京都の帆布の会社で社長が亡くなってお家騒動化したとき、ずっとサラリーマンやってた長男が突如現れて社長に就任し、長く職人としてやって人望も厚い弟を追い出したことがあった。どちらが正しいかとかは置いといたとして、結局は従業員や職人たちの大半は面倒を見てくれて行動を共にしてきた弟の方に流れていった。行動を共にしてきたり、親身になって動いてくれたりしてくれる人への信頼だろう。商店街も同じで、各店主は全員が一国一城の主で、ある種の職人でもある。そんな奴らの集まりだから、これは一筋縄ではいかない。会社組織的な年功序列やら実力主義、トップダウンのようなサラリーマン的なものは商店街では通用しない。どれだけ対等に接していけるか、深入りしすぎずに親身に接していけるか重要だろう。うわー、これは至難の技だ〜

ちなみに、次期会長の床屋さんは完全に職人タイプ。別に偉そうに物をいう人でもなく、距離感はかなり近い。おお、これは斉藤さんの後任としては完璧! これは将来の北中通りも安泰に違いない!!!!!!

【報道】北中通り商店街で老兵が叛旗! 風雲急を告ぐ!

高円寺北中通り商店街の名物企画「北中夜市」。今年も、12月23日の最期の夜市を迎えようとしていた。基本的に毎月第3日曜日に開催だけど、最終回の12月のみは第4日曜日に開催が毎年のお決まり。なぜ12月だけ第4なのかというと、商店街の長老(元商店会長)の通称やぶじい(藪そば店主)とその一党が企画する餅つき大会があり「おい、おめーら。夜市やるんだったら餅つきに合わせてくれい」との厳しいお達しがあるためだ。

もちろん今年も年明けごろに日程を決める段階になり、長老たちの集いで「今年もこの日程で大丈夫でしょうか」とお伺いを立てたところ、「おうっ、それで行ってくれぃ」と快諾。ということで、今年の日程も確定し、北中夜市は順調に開催されてきた。最終月は12月23日の開催。

ところが! 12月も半ばにさしかかろうとする頃、事態は急変!!! 突如やぶじいが「23日は少し早えなぁどうも」などとブツブツ言い出した。うーん、このパターンはどうも雲行きがあやしい…。北中夜市運営側としては、12月だけ第4週目なので確認の問い合わせなども多く、かなり口を酸っぱくして12月は第4週目だから日程に気をつけてくださいねと言い続けてきた手前、この日程はもう意地でも動かせない。やぶさん頼むよ、変な気を起こさないでよね〜

しかし! やぶじいの決断は早かった! ある日突如として商店街に「もちつき12月25日」という看板が出され、商店街に激震が走った! ちなみに商店街の長老たちは誰もインターネットを使えないので、みんなに周知させるときは回覧板、火急の知らせの場合は商店街の中央に立て看板が出されるのがこれまでのしきたりだ。

謀ったなやぶじい! 商店街主催としてすでに決定している北中夜市に対して敢然と叛旗を翻し、別日程で対抗してくるとは!! もちつき vs 夜市、商店街を真っ二つに割った血で血を洗う戦いが、まさにいま繰り広げられようとしている! 北中通りの運命はいかに!?

北中通り商店街の最新情報を告げる看板。この看板に町人たちも続々と集まり商店街は大パニックに

戦乱の危機を迎え、戦々恐々とする雰囲気の中、ある日やぶじいが夜中に街をウロウロしていたので「ちょっと藪さん〜、今年のもちつきは23日にやらないんですかー?」と尋ねると、「23日はちょっと早いよ。せめて24日以降でないとカッコつかねえじゃん。なあ、そうだろ?」とのこと。全く意味がわからないが、とりあえず23は早すぎて24以降ならOKらしい。こりゃ大変だ。「やぶさん、勘弁してくださいよ〜。藪さんが23日にしろって言ったんじゃないですか〜。23日もちょっとは餅つきましょうよ」と説得すると「バカヤロウ、餅なんかついたら死んじゃうよ!」とのこと。返事の意味はほとんどわからないが、要はやりたくないということだろう。チキショー、このじじい〜、と、思ったら突如「ま、ちょっとぐらいやってみるか」という。おお、いいね! 相変わらず適当なノリだ!

そして23日の北中夜市当日。なんと天気は小雨。雨でフリマは厳しいのでキャンセルが続出し、北中夜市は雨天中止寸前に。ま、それでも出店したいという人は来てたので、参加費の徴収はなしにして無料での自由参加形式に変更。万事休す。北中夜市、ついに老兵の乱の軍門に下るのか!?

しかし、これはやばい! 無理にやぶじいに餅つき頼んだのに雨で売れなかったら、これは一大事だ。100%こっちにとばっちりが来る! しょうがないから「いや〜、お腹すいたなー」とか見え透いたこと言って焼きそばを大量に買ったりしてなんとか在庫を減らす。

たくさん作ったのに売れないのでムッとした表情のやぶじい。こういうときはだいたいうちに八つ当たりが来る

そして、雌雄を決する25日!

ほら、やっぱり人通り少ないじゃん!!

戦いは引き分けに! そして「やっぱり夜市と餅つきは同時にやんなきゃなあ。俺は最初からそう思ってたんだよ、わかるか、おめー?」とのこと。

めでたし、めでたし。